超音波、動脈硬化、心電図などを統合一元化できます

超音波、動脈硬化、心電図などを統合一元化できます

ワイヤレス 動脈硬化計測

2013年4月4日木曜日

血糖値の記録・把握ができるスマートフォン

「ライフパレット ダイアベティス」のご紹介 「ライフパレット ダイアベティス」ってなあに? 「ライフパレット ダイアベティス」は、血糖自己測定を行う糖尿病患者さんが、「いつでも」「どこでも」「簡単に」血糖値の記録・把握ができるスマートフォン(Android)のアプリです。毎日の血糖値の記録を楽にし、日常の血糖値の変化を簡単に把握し、糖尿病患者さんのよりよい生活に役立ててほしい、との想いからこのアプリを開発しました。 「ライフパレット ダイアベティス」のポイント 1. 血糖自己測定器から血糖値データを自動転送することにより「簡単に」記録できる。 2. 3種類のグラフを用意し、自分の血糖値の状況や変化を「いつでも」「どこでも」「簡単に」把握できる。 3. 主治医に提出する「自己管理ノート」形式でのデータの印刷や、メール送信ができる。 【機能1】血糖測定器からスマートフォンへの血糖値データの自動転送 毎日測定する血糖値を血糖測定器とスマートフォンをケーブルでつないで転送することができます。 自動転送はしなくても手入力で記録することもできます。また、インスリンの投与量も記録することができます。 <自動転送可能な血糖測定器> (2013年4月1日現在) *順次拡大予定 アキュチェックモバイル 製造:ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 お問い合わせ先 「ロシュにハローお客様センター」 TEL 0120-642-860 (対応時間:24時間365日 平日18:00~翌日8:30/土日祝日はサービス内容が限られます。) <自動転送の動作確認端末> (2013年4月1日現在) *順次拡大予定 ・docomo GALAXY SⅢ  SC-06D docomo GALAXY Note  SC-05D docomo GALAXY SⅡ  SC-02C docomo Xperia acro HD SO-03D docomo Xperia GX SO-04D docomo Xperia SX SO-05D *自動転送機能以外(血糖値入力・グラフ・印刷・メール送信等)は、上記機種以外でも利用可能です。 <動作確認ケーブル> (2013年4月1日現在) 血糖測定器とスマートフォン端末を繋ぐにはケーブルを購入していただく必要があります。 (コネクタ形状:USB A メス-USB microBオス)  ・ElLECOM MPA-MAEMCB010BK 【機能2】3種類の血糖値データグラフ ①血糖値の推移を見る「トレンドグラフ」 ②時間帯による血糖値の変化を表す「日内変動グラフ」 ③曜日毎の変化を表す「週間変動グラフ」 の3種類のグラフを用意しました。目標値や高血糖域、低血糖域を事前に設定すれば、さらに細かな管理をすることができます。 【機能3】自己管理ノートを印刷したり、主治医にメール送信ができる 日々測定した血糖値を、自己管理ノートの形式で印刷することが可能です。 アプリから直接、Googleプリントや他のプリンタアプリを使って印刷するなどご自身の環境に合わせてご利用ください。 また、主治医の先生に自己管理ノートをメールで送ることもできます。 *主治医が「ライフパレットダイアベティス forドクター」を使用している必要があります。 <直接印刷可能なプリンタ>(2013年4月1日現在) ブラザーPocket Jet(PJ-663) 【「ライフパレット ダイアベティス」の概要 】 1.アイコン・アプリ名称 「ライフパレット ダイアベティス」 (一般向け) *Android 対応 「ライフパレット ダイアベティス for ドクター」 (医師向け) *Android対応 2.アプリ入手方法 Googleplay ダウンロードページ 3.課金額 無料 本アプリケーションの監修 船橋市立医療センター 代謝内科部長  医学博士 岩岡 秀明  日本内科学会総合内科専門医・指導医/日本糖尿病学会専門医・指導医/千葉大学医学部臨床教授 関連情報

0 件のコメント:

コメントを投稿