超音波、動脈硬化、心電図などを統合一元化できます

超音波、動脈硬化、心電図などを統合一元化できます

ワイヤレス 動脈硬化計測

2010年8月2日月曜日

「仮面高血圧を探せ」携帯網使う遠隔医療を開始

 携帯電話向け半導体などを手掛ける米クアルコムは2010年7月22日、携帯電話
網を使った遠隔医療プロジェクトを実施すると発表した。患者に血圧計と通信装置を
配布し自宅での測定結果を毎日自動的に収集する仕組みを構築。病院では見つけ
にくい「仮面高血圧」などの症状発見に役立てる。  プロジェクトは北海道と兵庫県で
実施する。通信装置は、遠隔医療サービスを手掛けるケルコムが開発したもので、
KDDIの携帯電話網を利用したデータ通信機能を備える。  血圧計で測定したデー
タは、USBケーブルを介して通信装置に送信され、さらに携帯電話網を経由してケル
コムのサーバーに送られる。9月から1年間、起床後と就寝前の血圧を計測。その結
果を分析し、「仮面高血圧」の発見や投薬効果の分析、合併症との関連性調査など
に役立てる。  仮面高血圧とは、病院では正常な血圧なのに、自宅で早朝や夜に血
圧を測ると高い血圧値になる病態のこと。正常な血圧と思われる人の10~15%は、
仮面高血圧であるという。通常の高血圧と同様に治療が必要だ。病院での診断は難
しいが、家庭で血圧を計測しそのデータを分析する仕組みがあれば発見できる。 慢
性心不全患者には血圧計と通信装置、リハビリ中の患者には歩数計、体重計、通信
装置を貸し出す。  これらのプロジェクトは、クアルコムがグローバルで実施している
「Wireless Reachイニシアチブ」と呼ぶ社会貢献活動の一環で、費用はクアルコムが
負担する。アジアにおける医療IT化などを調査・研究している社団法人メディカル・プ
ラットフォーム・エイシアと提携し、プロジェクトの実施はケルコムに委託する。

0 件のコメント:

コメントを投稿